広告(※本文は広告の後にあります。)

こんばん雲 虹ワンダホー

久々に、PCの前に座りました。というかノートなんですけどね笑)

なんだか、風邪が治りません。(時折、時折、咳が・・・・涙)ガーン

とはいえ、家で撮りためたHDD録画を必死に見てるのも
(推奴~チュノを見て涙しております :)

なので

旦那様とお散歩に。

ふと旦那様

「そうだ光林寺に行こう!」

と言い出しまして・・・
(奈良か信州かと思いましたが)

来てしまいました。

光林寺 in 南麻布

karenのことのは

南麻布の明治通り沿いですが
どこぞの山奥のような雰囲気?
(虎ノ門の金刀比羅宮のサイバーっぷりからするとかなりびっくりです)

で・・・

それはなんのために?

「ヒュースケンのお墓があるんだって」

だそうです。

ヒュースケン・・・

歴女かっ!

ヒュースケンは天保3-万延元(1832-1861)。オランダ・アムステルダム出身の通訳官。
安政3年(1856)、駐日アメリカ総領事ハリスの通訳兼書記として来日。安政5年、日米修好通商条約の締結に尽くし、イギリス、プロシアの対日条約締結にも協力しました。万延元年(1861)アメリカ公使館への帰途、攘夷派浪士らの襲撃に遭い絶命、29歳の誕生日まであと5日という若さでした。

皆さん、覚えていますか?

ハリスとセットで教科書に出てきたような・・・。

で、

お墓は・・・。

つづく

広告