広告(※本文は広告の後にあります。)

こんばんわん~。

昨日、今日と絶好の花見日和なんですが~。
いかんせん、寒い。
都内なのに・・・最高気温12度前後・・・ガーン とはいえ今日は少し暖かかったですが・・・
でも、寒い。

昨日、今日のお花見?に備えて旦那様がゲットン。

karenのことのは
震災を乗り越えた日本酒・・・だそうです。

以下転載です。
「仙台市泉区の酒造会社「仙台伊沢家勝山酒造」が作った「純米吟醸 勝山3・11―KIZUNA―」で、震災から約8か月、低温でゆっくりと熟成し、今年しか味わえないプレミア酒になったという。売り上げの一部は、東日本大震災みやぎこども育英募金と、伊達家の墓所である大年寺山墓所の修繕に寄付する。

 同社は震災前、昨年4月末の発売を目指して「純米吟醸 献」を仕込んでいた。だが、震災で蔵が停電したため、数日間、温度管理が出来ず、発酵が不足し、同社の出荷基準に満たない日本酒になった。
その後、日本酒を瓶に詰め、氷点下5度の貯蔵庫で味を確認しながら再度、熟成を進めた。思い通りの味にならない日が続いたが、「お酒もがんばっている。どうしてもダメなら廃棄すればいい」と、根気強く待ち続けたところ、震災から8か月が過ぎた昨年11月にようやく熟成が完了し、納得のいく味わいになったという。」

という記事を以前に読んだ記憶はあったんですが・・・
まさか目の前にあるとは・・・と言う感じです。

karenのことのは
ワインみたいにグラスに入れて香りを楽しんだ方が良いということだったので・・・
こんな感じで頂きました。
(確かに、フルーティで日本酒というよりワインに近い感じでした♪)

昨年の今頃は、大きめの余震があり、落ち着いて桜を見る余裕があまりなかったな~と
しみじみです。

広告