広告(※本文は広告の後にあります。)

こんにちは~。

世間はお盆休みですね~。長期休みと言えば、まさかのインスタ画像UP大会・・・?ですけど

インスタでそんなに消耗しなくてもいいじゃない?

なんて思います。

 

実はこの連休前の金曜日の夕方に旦那様と丸の内で待ち合わせをして、夕食を食べて帰宅することになったのですが・・・
出会いがしらに、旦那様が開口一番・・・

「帰りがけに、同僚にどこかフォトジェニックなカフェを会社の近くで知らないか?って聞かれたんだけど・・・」

えっ?何それ?
何のために必要なの?

「同僚の奥さんがインスタにUPしたいんだって・・・」

ちなみにその方は都内近県にお住まいとのことでしたが・・・
旦那さんに、フォトジェニックなカフェを探させるなんて・・・

これって、インスタにアップするための場所を探してから行くってことですよね?

何かオカシイ気がします。

先日読んだ記事で発見したのですが

「リア充アピール代行」の会社が登場。

ちなみにこのリア充アピール代行とは・・・
「友達や先輩後輩が自分のために、または、知人の誕生日会を趣向を凝らしてオモシロ楽しくパーティーしている。こんな風にいつも自分の周りには仲のいい人たちがいて毎日充実しているように見せたい。フェイスブックやツイッター、インスタグラムやブログのネタに困っているなど、リア充をアピールをするのも代行スタッフが喜んでお手伝いいたします。」
とのことです。
ちなみに、友人と旅行に行っている風に偽装も可能だそう。参加するメンバーの容姿なども指定できるようで
1人当たり2時間で8000円というのもありました。

この会社を立ち上げた方は天才だと思います。本当にスゴイです。

ですが・・・

リア充な自分を偽装してどうするの?と思ったりします。

撮影が終了してUPしたら、請求書以外は何残らない感じが否めません。
(それも思い出なのかもしれませんが・・・)

また、「バブル来てるわよ~」と思わず言いたくなるのが
「ナイトプール」をインスタにUPするためだけに行くというもの・・・
そもそも、ナイトプールってお洒落でしたっけ?
しかもトラブルも発生していたりとなんだかね・・・。

住宅も、「住むために整える」から「インスタ映えするインテリア」にするに変わりつつあり
それ用のムック本もでていたり、雑誌でもインスタ映えするカフェなどを取り上げたり・・・

自分もインスタをやっていて言うのも何ですが・・・

「なんか、もう必死でしょ」としか言いようがありません。

必死になる理由としてはメディアで煽り、インスタグラマーを広告塔として利用しているからで

女性ならインスタグラマー=モデルデビュー的な感じになりたくて、必死にコーデをアップしている方もお見かけします。

でもね・・・普通に社会人していて思いますが、そんなお洒落に必死でモデルみたいな方って実生活ではほとんどみかけないですよね。みんな小さいし・・・。(写真だと背が高そうだけど・・・)

 

またニュースの煽り記事。

「プロインスタグラマー、1フォロワー=1円の広告収入で月収30万円を稼ぐ人も」

こんな煽り記事みたら誰だって必死になりますよね。
そもそもインスタ側にそういったお金を落とす機能がないので
事前にどこかに所属してその製品をUPして広告とすることが必要になったり、楽天Roomsのような別サービスと組み合わせる必要があったりします。

 

もう少し、初心に戻って肩の力を抜いてやったほうが長く続けられて楽しめそうな感じも。

インスタの綺麗でお洒落な画像も、こんな偽装の上に成り立っているのかな~なんて思うと・・・

正直、興ざめですよね。

広告